現場編

現場編

現場が抱える問題点

  • 在庫の管理が難しく、おろそかになりがちだ。
  • ラインの生産性を向上させるため、現場の状況が知りたい。

こんな方法があります!

在庫、部品をバーコードで管理

製造部門の仕事
【入荷検品】
調達元から指示通りの商品が納入されているかチェックします。納入品が正しければ配布先やストック先を表示しすることにより的確に管理できます。
【材料発注】
生産管理や在庫管理を的確に行うことにより、材料の発注を必要なだけタイムリーに掛けることができます。これにより余分な在庫が削減できます。
【出荷検品】
製造メーカから来た注文通りの型番と数量を間違えなく出しているかチェックを行います。間違えて出荷すると回収の手間もかかり取引先の信用を落とすため確実に行う必要があります。目視と違い精度が上がります。
【生産管理/在庫管理作業完了報告】
注文に間に合うように生産するため作業完了報告に在庫状況がどうか管理する必要があります。これによってメーカへの納期回答もスムーズにできます。機会の損失がありません。
【工程管理】
客先の要求どおりの納期に間に合うかどうか管理をしながら先の見通しを立てます。最近では履歴も合わせてとるようにし、どのロットがどういう加工工程をたどったのかを記録し、何か問題があった時に早急に手を打てるようにしています。バーコードを活用すればペーパレス化も進み管理がしやすくなります。

カメラで現場をチェック

現場にカメラを設置し、録画することにより、「ムリ・ムラ・ムダ」を発見できます。
また、万が一トラブルが発生した場合も、詳細な状況を把握できます。

館内放送を電話と一体化

広い工場内では、人の呼び出しも一苦労。
そこで電話機と館内放送を一体化させることにより、簡単に工場内に呼びかけることができます。

▲ ページTOPへ